Hakama Style 振袖袴でステキなメモリー

卒業式、謝恩会は
大和撫子にふさわしい袴だよね!

一生懸命選んだお気に入りの振袖を袴と合わせて、
振袖とは違ったオシャレを楽しもう。
かしこく着まわせる袴アイテムの必須アイテムをおさえておけば、袴姿もパーフェクト☆
学生時代最後の記念日、卒業式。
ステキな私を演出しましょう!

point 1

あなたはどのタイプ?

振袖とコーディネイトする袴もバリエーション豊か。
キレイなグラデーションカラーだったり、刺繍をあしらっていたり…。振袖の個性に合わせて選んでみよう。

刺繍タイプ

かわいいお花や蝶などポイントで魅せる。

ぼかしタイプ

きれいな色合いを選んで、足長効果がバツグン。

point 2

おしゃれな小物づかい

袴はフォーマルな式典に出席するときに着るもの。
だから小物も、カワイイだけじゃなく、きちんと感があるものを選んで。おしゃれな小物づかいで差をつけよう!

帯飾り

帯用の飾りや髪飾りを、さりげないワンポイントに。

ネイル

振袖と同様に、袴姿でも今やネイルはマスト!格式ある装いにふさわしい、シックな色合い+控えめなアートがおすすめ。

グローブ&リング

おしゃれ小物のひとつとして取り入れたいレースの手袋。 はめて使うのはもちろん、軽く手に持って、手元を清楚に演出して。小物ポイントとなるリングは大きめであっても、品がよいものを。

point 3

足元で雰囲気が決まる

意外と視線を集める、足元のおしゃれ。袴姿なら選択肢は2パターン。
ベーシックな草履スタイルか大正ロマン気分のブーツから、着こなしのテーマでチョイスしよう。

草履

基本スタイルは振袖と同じく、草履。成人式で履いたものをそのままシフトして、もちろんOK!
小物の一部としてコーディネートして色柄で遊んでみるのも素敵。
★履き方ポイント 袴の丈は長めにね

ブーツ

ハイカラな女学生風にするなら、ブーツで。シンプルデザインか編みあげタイプですっきりまとめて。歩きやすくて2次会もラクラク。
★履き方ポイント 草履のときより、ちよっとだけ短めに着付けるのがコツ